スキップしてメイン コンテンツに移動

5/9 破草鞋窯、飯能焼きの岸親方

5月9日
飯能焼きの親方と何年ぶりかの再会です。
今回は、女流の焼物職人川久保久美子さんとの二人展です。会場は浜町、明治座のすぐ側の画廊です。会場に付くと“すっきりと黒いパンタロンスーツの女性”がにこやかに笑ってこちらに向かってきます。近くに来て分りましたが奥さんでした。以前とはまるで違う容姿にビックリです。親方はこの何年かで病気が原因してずいぶん太った様子。
回復後も後遺症で手が痺れて力も出なくて困ったそうですが今は普通になったとのことで安心しました。近頃は何か面白い仕事はとお聞きすると見せてくれたのは硯など書道の道具でした。著名な書家の協力と要望があり、その研究の成果で、まだ研究余地があるとのこと。

川久保さんの焼物は女性らしいソフトな印象で日用に使いたい様な器が並んでいました。
特に江戸好みの方にお知らせしますが、飯能近くに行ったら破草鞋窯(はそうあいがま)を訪ねて下さい。名工会から紹介されたと言えば安くしてくれるはずですが、これを親方に言うのを忘れましたが大丈夫だと思います。

ちなみに窯の名称ですが、鞋と言う字が使われています。蛙と勘違いする人が多いのですが草鞋(わらじ)のことです。従って「破が付いて破れたワラジ」と言う意味です。江戸を象徴するような意味を持っていると思います。因みに飯能焼きは、江戸の町の日常の器で東京の街から多数出土しています。さらに、日本橋界隈は飯能焼きなどが売られていた本拠地で、その場所での個展は意味あることです。親方は以前よりも肩の力が取れ自然体で、じっくりと向かっている姿勢を感じました。

コメント

このブログの人気の投稿

2017年 あけましておめでとうございます!

危うい!あと少しで一年間更新しない所でした。
お久しぶりでございます、担当Yです。

裏方として活動しておりますので、どこかで名工会の名前を見かけた方もいらっしゃるかも知れません。
さて、この間にいくつかの出来事がありました。

まず、あと一回くらいは通常の武蔵屋の櫛が出せる可能性があります。
前回ご注文されたお客様で連絡がつかなかった方もいらっしゃったので〜
期日は、こちらに情報が来ておりませんのでお待ちください。

それから、生産終了しております増太郎鋏のキッチン総磨きの在庫が出てきました。
http://www.meikoukai.com/contents/tenjikan/06/6_17/3.html

総磨きは錆びにくくステンレスなので非常に堅牢です。
ステンレスの3ミリ程度の棒を切断するのも普通のペンチ等では切れません。
一般家庭ではステンレスの加工は厳しいです。それくらい硬い金属です。
極普通の使い方では、長く切れ味を維持できます。
また、消臭効果もステンにはありますのでキッチン向けとして最適なんですよ?
知っていましたか?


それでは今年も名工会をよろしくお願い致しますです。

追記
増太郎バサミのリンク先が間違っておりました。
画像や価格を含め修正してありますのでご確認ください。

追記2
櫛の掲載のお問い合せを頂いておりますが、まだ詳細がきません。
情報が上がり次第、当ブログで告知しますのでお待ちください。

むさしや 富田さんのつげ櫛を更新致しました。

むさしや、予定通り更新致しました。 
時刻は7時過ぎ、早朝なので大丈夫だろうと油断していたら、
ブログの更新より早くご注文をいただきました。
おはようございます、担当Yです。

今回の更新は以下の櫛になります。
アラバ
http://www.meikoukai.com/contents/tenjikan/07/7_24/araba.html

縦櫛
http://www.meikoukai.com/contents/tenjikan/07/7_24/tate.html

追記
銀行振込み限定です。
今回は、アラバと縦櫛のみとなります。
その他の櫛は今回の更新ではありません。
また、今後の入荷予定も未定になります、ご了承ください。

追記2
アラバが終了しました、約3時間でした。
縦櫛はAM10時現在では在庫があります。

武蔵屋の木材の行方

おひさしぶりでございますの担当Yです。

本当は別の記事を書いていたのですが、どうしたら良いのか悩んでます。
それはともかく。

武蔵屋の長い歴史と共に蓄えられた膨大な木材はどこへ行ったか気になりませんか?
50年は余裕で乾燥させたと言われた柘植の木材の宝の山です。
極々少数は当会のトップページのタイトルの裏などに使われています。

でも、それ以外はどこへ?

元々、武蔵屋は全国の柘植櫛の組合の頭をしておりました。
屋号を持つ歴史ある柘植櫛の店舗は何らかの形で関わっていたとされる大所帯だったそうです。
既に無い組合ではありますが繋がりは細く残っています。

膨大な財宝の行方は細い繋がりを経由し、恐らく皆さんご存知の複数の店舗に櫛の材料として引き取られました。
武蔵屋に限らず、時代と共に廃業をした櫛屋の材木は同業者が引き取るのは珍しくはなかったそうです。

どこの店かなんて野暮な事は書きませんしお伝えもしません。
お手元の櫛は印こそ違っても武蔵屋の歴史と共にあった材かも知れませんね。

さて、冒頭の思わせぶりな話になりますが、ついに武蔵屋の通常在庫の単品販売が近日の次回で完全終了です。(まとまった数として?)

武蔵屋の在庫としては珍しい横櫛の何かが出ます。
販売した記憶がないので最初で最後でしょうか?

どの櫛? 何日頃? 何時?
来週ぐらいには準備が整うと思いますが、問い合わせされても未定です。
そうそう、早朝や深夜に出すとは限りませんよ?
これが次回の告知です。

問題はその次なのです。(続く