スキップしてメイン コンテンツに移動

1/13 富田親方

1/13 櫛の話
今日は江戸時代から昭和初期まで縦櫛を専門に製造している最大手、武蔵屋さんを 訪ねた。江戸時代の組合が存続した時代ごとの節目に、常にリーダーシップを発揮 して組合長を勤め続けてきた別格の家柄です。当代の冨田親方は当会の殿堂職人で もあります。天皇の御成婚の時、美智子妃殿下の髪に付けていた櫛を作った親方で すから専門的な知識をお持ちの方の中にはご存じの方もいる筈です。
宮内庁への献上とは元来は差し上げるもので受理されれば誰でも可能なのですが、 富田親方の櫛は他の宮内庁御用達の職人の作品とも比肩しないもので、櫛で言えば 国宝級の職人と言えます。ともかく櫛の世界の生き字引きであり、これほど木櫛に 詳しい親方はいません。今回は櫛の材料に付いてご相談させて頂きました。様々な 櫛の話とともに、昔からの横櫛の呼び名なども教わり、今日は楽しい一日でした。


■ 柘植の産地 ■
左から、 
薩摩(カレ・庭栽培)
絶滅した三宅(自生)
御蔵島(自生)   
御蔵のカレ(庭栽培)


■ 柘植材外皮 ■
簡単に崩し落とせる薄い皮で、ごま状の斑点が特徴。


■ 柘植とシャム ■
柘植の枝(上段の枝)とシャム(下段の板)
シャム製の櫛が最近は柘植櫛として売られているが、これは異種の材である。
 皮も厚く、大きな木になる。材質は硬くて、柘植より幾分折れやすい。艶など
 の美しさは柘植に劣る。一般の人達にはこれら二つの区別が全く出来ないが、
 使っている内に黒ずんだ茶色の様な色になり、明らかに柘植とは区別がつく。
 数千円の品はほとんどがこの木材の櫛であるが、本柘植として売られている。


■ イス ■
昔から皇族の櫛としても使われている。この板は現天皇のご成婚の
時に、美智子妃殿下のお垂髪(おすべらかし)にさしたとのこと。
これは櫛を造った富田親方からその時の切り落としを頂いたもの。
 

コメント

このブログの人気の投稿

2017年 あけましておめでとうございます!

危うい!あと少しで一年間更新しない所でした。
お久しぶりでございます、担当Yです。

裏方として活動しておりますので、どこかで名工会の名前を見かけた方もいらっしゃるかも知れません。
さて、この間にいくつかの出来事がありました。

まず、あと一回くらいは通常の武蔵屋の櫛が出せる可能性があります。
前回ご注文されたお客様で連絡がつかなかった方もいらっしゃったので〜
期日は、こちらに情報が来ておりませんのでお待ちください。

それから、生産終了しております増太郎鋏のキッチン総磨きの在庫が出てきました。
http://www.meikoukai.com/contents/tenjikan/06/6_17/3.html

総磨きは錆びにくくステンレスなので非常に堅牢です。
ステンレスの3ミリ程度の棒を切断するのも普通のペンチ等では切れません。
一般家庭ではステンレスの加工は厳しいです。それくらい硬い金属です。
極普通の使い方では、長く切れ味を維持できます。
また、消臭効果もステンにはありますのでキッチン向けとして最適なんですよ?
知っていましたか?


それでは今年も名工会をよろしくお願い致しますです。

追記
増太郎バサミのリンク先が間違っておりました。
画像や価格を含め修正してありますのでご確認ください。

追記2
櫛の掲載のお問い合せを頂いておりますが、まだ詳細がきません。
情報が上がり次第、当ブログで告知しますのでお待ちください。

むさしや 富田さんのつげ櫛を更新致しました。

むさしや、予定通り更新致しました。 
時刻は7時過ぎ、早朝なので大丈夫だろうと油断していたら、
ブログの更新より早くご注文をいただきました。
おはようございます、担当Yです。

今回の更新は以下の櫛になります。
アラバ
http://www.meikoukai.com/contents/tenjikan/07/7_24/araba.html

縦櫛
http://www.meikoukai.com/contents/tenjikan/07/7_24/tate.html

追記
銀行振込み限定です。
今回は、アラバと縦櫛のみとなります。
その他の櫛は今回の更新ではありません。
また、今後の入荷予定も未定になります、ご了承ください。

追記2
アラバが終了しました、約3時間でした。
縦櫛はAM10時現在では在庫があります。

武蔵屋の木材の行方

おひさしぶりでございますの担当Yです。

本当は別の記事を書いていたのですが、どうしたら良いのか悩んでます。
それはともかく。

武蔵屋の長い歴史と共に蓄えられた膨大な木材はどこへ行ったか気になりませんか?
50年は余裕で乾燥させたと言われた柘植の木材の宝の山です。
極々少数は当会のトップページのタイトルの裏などに使われています。

でも、それ以外はどこへ?

元々、武蔵屋は全国の柘植櫛の組合の頭をしておりました。
屋号を持つ歴史ある柘植櫛の店舗は何らかの形で関わっていたとされる大所帯だったそうです。
既に無い組合ではありますが繋がりは細く残っています。

膨大な財宝の行方は細い繋がりを経由し、恐らく皆さんご存知の複数の店舗に櫛の材料として引き取られました。
武蔵屋に限らず、時代と共に廃業をした櫛屋の材木は同業者が引き取るのは珍しくはなかったそうです。

どこの店かなんて野暮な事は書きませんしお伝えもしません。
お手元の櫛は印こそ違っても武蔵屋の歴史と共にあった材かも知れませんね。

さて、冒頭の思わせぶりな話になりますが、ついに武蔵屋の通常在庫の単品販売が近日の次回で完全終了です。(まとまった数として?)

武蔵屋の在庫としては珍しい横櫛の何かが出ます。
販売した記憶がないので最初で最後でしょうか?

どの櫛? 何日頃? 何時?
来週ぐらいには準備が整うと思いますが、問い合わせされても未定です。
そうそう、早朝や深夜に出すとは限りませんよ?
これが次回の告知です。

問題はその次なのです。(続く